株式会社エイユツール

アウスサイトへ

スタッフ写真

開発・設計の仕事はエンドレス
使用後のフィードバックから
新たな改良や立案がまた始まる

岡田 拓史
工事部 技術課 主任

現地工事を常に考え作業性や保全性を重視した設計を

私は加工機本体、付属部品、改良品等の開発・設計を担当しています。
現地工事において必要な加工機の改良、既存の機械では対応できない場合の治具製作、
新しい加工機の設計を立案し図面に起こしていく仕事です。
現地工事で使用する事を考慮し、作業性(使いやすさ・剛性・重量)や保全性(消耗部品の交換・入手難度)を念頭においての設計を
重視しています。
実際に工事で使用した後に使用感のフィードバックを受け、改良や新たな機械に立案を行うなど、終わりの無い事にやりがいを感じています。

設計中に繰り返し現れる問題点を一つずつクリア

新しく機械を設計していく時に必要となる条件(機械のクリアランス、加工範囲)を設定し立案を始めますが、図面に描き起こしていくと組立て方法や剛性、重量の面で思い通りにいかず描き直しをすることが多くあります。
上司と相談し問題点を一つクリアしては新たな問題が現れて、と繰り返しながらようやく図面が完成し、見積り、発注後作成された機械でのテスト加工を社内で行い、現地工事で使用されうまく加工が完了できた時はひと安心すると同時に苦労が報われたと嬉しく感じます。

MESSAGE

未来の後輩へのメッセージ

当社は社員同士の距離が近く、常に連携を取り合いながら仕事を進めていく為、入社後は自身の取り組み方次第で技術力の上達をしていける環境が整っているので、不安に思う事も素早い解決ができると思います。
個人としては、まず現地工事で多くの経験を積む事で自身の技術力を向上させ、物事への視点を増やし、社員とのコミュニケーションを取り合い、現地工事で使用した機械の問題点を集約し改良や新しい機械の立案が行える様、設計の幅を広げていきたいと考えています。